こんにちは。日本共産党香川県議会議員 白川よう子です。

2015年2月定例県議会一般質問

[2015.3.16] -[インフォメーション議会だより]

 今期最後の定例県議会での一般質問が終わりました。10989031_808090029267219_7113698318054252270_n

 安倍政権は、社会保障予算のあらゆる分野で制度改悪・削減に乗り出そうとしています。暮らしが大変になっているときだからこそ、自治体が安倍政権の社会保障大削減、暮らし圧迫の悪政をそのまま持ち込み住民に負担を強いるのか、それとも住民を守る「防波堤」としての本来の役割をはたすのかが鋭く問われています。

 私は、住民の命とくらし、福祉、子育てを守り応援する仕事に真正面からとりくむ地方自治体の本来の姿を香川県が取り戻すべきだという立場で質問しました。★2015年2月議会 白川一般質問 最終原稿

 知事答弁には県民生活を守る決意は見られませんでした。いよいよいっせい地方選挙です。議席も増やして、必ずここへ戻ってくるぞ!県民要求の先頭に立つぞ!との決意を固めています。

 知事答弁全文はあとで追加掲載いたします。